株式会社 奥村組

ギャラリー家の住まいづくり

子育て世代の住まいづくり

※写真はイメージです

子どもとの関わりを大切にしながら、親と子の絆を深め
安心して暮らせる空間。
温かく見守られながら、のびのびと成長し
生きるための力を育む住まいをご提案します。

「子どもの心は、食卓を囲んで育まれる」といわれるように、家族との団らんや関わりは、子どもの成長にとってとても大切なことです。家庭教育や家庭環境は、子どものこれからの人間形成の基礎を培っていくものです。
そういう意味において、子育て世代の住まいは「子育て」をポイントにして、いろいろとこだわりたいものですね!
忙しい中でも子どもと関わりあう触れ合う時間が少しでもたくさん取れる、そんな住まいづくりをご提案いたします。


家族と一緒に過ごす時間を大切に

家族が集まるスペースにちょっと子どものスペースを作ってあげること、「いつも一緒」にいることで、子どもは安心して過ごすことができ、生活に関わる多くのことを自然と学んでいきます。


成長に合わせた自分だけのワクワク部屋

子どもはすぐに成長します。また、たいへん活動的です。そんな子どもの特性とこれからの成長を考えた子ども部屋づくりが大切です。内装やインテリアをワクワク感溢れる子どもらしいものに、また、間仕切りを作り、成長に合わせて広げたり分けたりできることも必要かもしれません。


子どもにもバリアフリー

素敵な住まいであっても、子どもには危険がいっぱい。
だからこそ、「小さいから手が届かない」「滑って転ぶ」「落ちる」
などの予期できうる危険から子どもを守らないといけません。
小さい子どもにも、バリアフリーな住まいづくりを!