株式会社 奥村組

家族の休日 滋賀の散歩道

びわ湖に抱かれた滋賀、ギャラリー家はそこにあります。
住まいを大切にする皆様に、「もっと滋賀を知ってもらいたい」そんな願いから、滋賀の観光情報を発信しようと思いつきました。
休日にほっと一息、滋賀・びわ湖を散策してみませんか?びわ湖を眺めながらのゆったりとした時間は、心安らぐひとときとなることでしょう。
今回は、近江八景のひとつ「三井の晩鐘」で知られる三井寺をご紹介します。

天台宗の総本山である三井寺は、正式名称を長等山園城寺(ながらやまおんじょうじ)といいます。湖国近江の名勝、近江八景のひとつ「三井の晩鐘」でも知られています。
667年に天智天皇により飛鳥から近江に都が移され、近江大津京が開かれましたが、壬申の乱によりわずか5年で廃都となりました。
三井寺とよばれるようになったのは、天智・天武・持統天皇の三帝の誕生の際に、産湯に用いられたという霊泉があり「御井の寺」と呼ばれていたことに由来します。
現在、金堂西側にある「閼伽井屋」から湧き出ている清水が御井そのものとされています。

閼伽井屋 三井の晩鐘
▲閼伽井屋
閼伽(あか)とは水のことで、仏に供える水や花を用意する施設を閼伽井屋といいます。
金堂と同じく桃山風の秀麗な建物で、石組に囲まれた内部には、天智・天武・持統の三帝の産湯に使われことから三井寺の名の由来となった「三井の霊泉」が湧き、神秘的な水音を聞くことができます。
▲三井の晩鐘
「三井の晩鐘」として知られるこの梵鐘は、「天下の三銘鐘」のひとつにも数えられています。音色の美しさで選ばれました。つまり、三井の晩鐘は、日本一の響きであると認められたのです。ぜひ、一度、日本一の音に耳を傾けてみてください。

大津市園城寺町246 TEL077-522-2238
京阪「三井寺」から徒歩約10分
JR大津・JR湖西線「大津京」からバスで約5分(「三井寺」下車徒歩すぐ)
名神大津ICから車で10分
拝観時間/8時〜17時 光浄院客殿・勧学院客殿は要予約
拝観時間/8時30分〜16時30分 指定文化財収蔵庫(受付終了16:00)
http://www.shiga-miidera.or.jp

三井の名水が使われた味わい深いお蕎麦です。
お店の名前も「開運そば」ですが、メニューにも「開運そば」があります。いろんな具材がのっていて、ココロもカラダも満足のいく一品です。運が開けるような気になってきます。
大津市園城寺町33 円満院勅使門前 TEL 077-524-8262
【電車の場合】
・京阪三井寺駅から徒歩約10分
・京阪皇子山駅から徒歩約15分  別所駅から430m