株式会社 奥村組

家族の休日 滋賀の散歩道

びわ湖に抱かれた滋賀、ギャラリー家はそこにあります。
住まいを大切にする皆様に、「もっと滋賀を知ってもらいたい」そんな願いから、滋賀の観光情報を発信しようと思いつきました。
休日にほっと一息、滋賀・びわ湖を散策してみませんか?びわ湖を眺めながらのゆったりとした時間は、心安らぐひとときとなることでしょう。
今回はユネスコ世界無形文化遺産に登録された「長浜曳山祭」をご紹介。

京都の祇園祭、高山市の高山祭と並ぶ日本三大山車祭の一つで、国の重要無形民俗文化財に指定されている「長浜曳山祭」は、安土桃山時代、長浜城主・羽柴秀吉(後の豊臣秀吉)に初めての男の子が生まれた際、城下の人々に金(きん)を振る舞い、町民がこれをもとに12台の山車を作って八幡宮の祭礼に曳き回したのが始まりとされています。
2016年秋、長浜曳山まつりを含む、全国33の「山・鉾・屋台行事」がユネスコ世界無形文化遺産に登録されました。

お祭は4月9日の線香番に始まり、12日までの4日間は若衆による裸参り、13日未明に起し太鼓が町内を囃し廻ると、早朝から長刀山と他の12基の曳山が御幣迎えに社参し、神輿がお旅所へ渡り、午後に若衆が出番山の順番を決める籤取式に臨みます。そして祭最大の呼び物「子ども歌舞伎」が5歳〜12歳くらいの男の子によって演じられ、大人顔負けの熱演は見物客から大喝采を浴びます。
宵宮14日は出番山を神社へ曳行した後、子ども歌舞伎の役者が、演じる人物になりきって神社から町内へ練り渡る「役者夕渡り」が見ものです。
15日朝には神社へ向かう「朝渡り」、長刀山による「太刀渡り」があります。夕方からは、お旅所で子ども歌舞伎が奉納されます。

長浜曳山博物館では、4基収蔵してある曳山を2基ずつ3ヵ月交替で公開展示しています。館内では、曳山の舞台で演じる子ども歌舞伎の様子を映像で見る事ができます。

滋賀県長浜市元浜町 14-8 TEL 0749-65-3300
JR北陸本線「長浜駅」下車 徒歩約7分
開館時間/9:00~17:00(入館16:30) 休館日/12/29~1/3
観覧料/大人600円 小人300円

黒壁スクエア

黒壁スクエアは、長浜旧市街にある江戸時代から明治時代の和風建造物を活かした観光スポットです。
城と城下町100選、日本の町100選、産業観光100選に選ばれており、西日本最大のガラス芸術の展示エリアとしても知られています。

長浜に来たら一度は食べたい 鯖そうめん

焼き鯖とそうめんを炊き合わせた「鯖そうめん」は湖北の伝統料理です。
昔、湖北では、5月になると農家に嫁いだ娘へ実家から焼き鯖を届ける風習がありました。しかし農繁期の5月は想像できない忙しさで、娘を案じた親が、届けた鯖とそうめんを炊き合わせた「鯖そうめん」を作ったそうです。もちろん曳山まつりの客人をもてなすご馳走としても欠かせない一品です。
※写真はイメージです。