株式会社 奥村組

家族の休日 滋賀の散歩道

びわ湖に抱かれた滋賀、ギャラリー家はそこにあります。
住まいを大切にする皆様に、「もっと滋賀を知ってもらいたい」そんな願いから、滋賀の観光情報を発信しようと思いつきました。
休日にほっと一息、滋賀・びわ湖を散策してみませんか?
びわ湖を眺めながらのゆったりとした時間は、心安らぐひとときとなることでしょう。 今回は秋の一大イベント「大津祭」をご紹介。

湖国三大祭りと呼ばれる、春の“山王祭(さんのうさい)”、夏の“船幸祭(せんこうさい)”、そして秋に行われるのが“大津祭(おおつまつり)”です。
古くは四宮祭と呼ばれ、江戸時代初頭から行われている天孫(てんそん)神社の例祭で、今では無形文化財として指定されている由緒あるお祭りです。
京都の祇園祭の影響を強く受けているとされる豪華絢爛な13基の曳山があり、お囃子とともに、祭りの華と言われる「からくり」を演じながら巡行します。からくりの他にも、当時の一流画家による天井画や外国製の織物なども大津祭のみどころの1つです。
毎年10月の第二土曜が「宵宮」、日曜が「本祭」となります。

大津祭ではからくりを「所望(しょもう)」と呼びます。大津祭は商人の旦那衆のお祭りで、曳山が家の前にさしかかると、旦那衆が競ってからくりを動かすことを「所望」したことからこう呼ぶようになったとさています。所望場所は25カ所あり、各町内の家の軒先に白と赤の「御幣」が目印として掲げられています。曳山が所望場所にさしかかると、「しょーもう」と声をかけ、五色布を結んだ指揮棒をつきあげるのを合図に、からくりが動き出します。 曳山の「からくり」は、一流の細工師によって作られたもので、それぞれが独自のメカニズムで動く様は大変興味深いものがあります。

[曳山・からくり一覧]

西行桜狸山(さいぎょうざくらたぬきやま) 花の中から仙人が現れ西行法師と問答する
源氏山(げんじやま) 紫式部が源氏物語を書いたとされる石山寺の石山をかたどった岩の中から馬、御所車、かさ持ちなどが次々と現れる回り舞台
殺生石山(せっしょうせきざん) 和尚の法力で石が二つに割れ女官の顔が狐に変わる
湯立山(ゆたてやま) 山禰宜(ねぎ)がおはらいをしみこが神楽を奏でる
西宮蛭子山(にしのみやえびすやま) えびすさんが鯛(たい)を釣り上げる
孔明祈水山(こうめいきすいざん) 諸葛孔明が扉を開いて水を招く。水がわき上がり流れ落ちる
龍門滝山(りゅうもんたきやま) 黄河の上流にある龍門山の滝を鯉が登っていく
西王母山(せいおうぼざん) 桃が二つに割れ中から童子が現れる
石橋山(しゃっきょうざん) 天台山の岩石から唐獅子が出て来て花に遊び再び岩の中に隠れる
神功皇后山(じんぐうこうごうやま) 皇后が岩に弓で字を書く所作をすると次々と文字が現れる
月宮殿山(げっきゅうでんざん) 頭上に鶴と亀の冠をつけた男女が皇帝の前で踊る
猩々山(しょうじょうやま) 猩々が大盃で酒を飲む
郭巨山(かっきょやま) 中国二十四孝の一人郭巨がくわで穴を掘り、黄金の釜を出す

祭りの「宵宮」には、夕刻から、からくり人形などの曳き山飾りが各町の役員宅に飾られ、外から見学することができます。翌日の「本祭」は、9時30分から曳山巡行が始まり、まず最初に神社の鳥居前でからくりが演じられます。その後、京町通、県庁前通、浜通を経て電車通りから中町通を巡行し、途中休憩をはさみ、京町通、寺町通などを経て午後5時頃に終了します。長い長い巡行路をまわる間、お囃子とともに厄除のちまきを撒きながら行くので、周辺は大変な賑わいとなります。

湖国の秋の一大イベント「大津祭」を色々な角度から楽しんでみてはいかがでしょうか。

湖国三大祭の一つ大津祭をテーマにした展示館。
展示館では原寸大の曳山の模型をはじめ、映像での大津祭の紹介も行っており、いつでも大津祭の賑わいと楽しさを体感することができます。

〒520-0043 大津市中央1-2-27 TEL077-521-1013
京阪「浜大津」駅から徒歩約5分
開館時間/9時~18時  休館日/月曜(祝日・振替休日の場合は開館し、翌日が休館)・年末年始
http://www.otsu-matsuri.jp/home/